カードプリンターとは

カードプリンターは文字通りカードに印刷するための装置のことです。

カードといってもその種類はさまざまですが、このプリンターでは規格化されたプラスチック製のカードまたは紙製の台紙に対して印刷を行うというものです。

これまでのカードを作るためには専門業者が使う本格的なカード発行機が必要でしたが、カードプリンターでは家庭用プリンターのように小型であり、すぐに印刷が行えるメリットがあり、カード発行を必要とする場面で幅広く使われています。
カードプリンターの用途としては各種カードの発行に使われています。

身近なものとしては病院の診察券がありますし、このほかにも社員証やIDカード、学生証なども身近な存在といえます。

また運転免許証や資格認定証など公的な役割を果たすカードについても幅広く使われています。

一方で、あくまでも印刷をするだけなのでクレジットカードのような番号を浮き出させるといった加工をすることは出来ませんが、平面的なカードであればその場で印刷することができるためオンデマンド印刷のようにカードを発行できるのが最大のメリットといえます。

山真のレーザー墨出し器の人気を今すぐチェックしよう。

一方で、カードプリンターは一般のプリンターとは異なりインクリボン方式の印刷が行われています。

インクジェット印刷とは異なり、インクリボンでは適切な熱量をコントロールしてカードに転写したり昇華させることで美しい印刷が可能ですし、なによりもインクそのものが優れた耐久性があります。

電子回路設計を情報を幅広くご活用下さい。

また耐久性をさらに高めるためにラミネート加工も自動で行ってくれるプリンターもあります。このほか両面印刷が出来るものと片面印刷のみといったものがあります。




カードプリンターそのものは空カードに印刷を行うだけの機能しかありませんが、カードに個別の識別をさせるために磁気ストライプやICチップなどを埋め込んでいるものもあります。

格安のカードプリンターの新しい魅力を紹介します。

これらを機能させるためには磁気ストライプの場合には磁気エンコーダーと呼ばれる機械を使って情報を書き込む必要があり、ICチップもICエンコーダーと呼ばれる機械を利用して情報を書き込む必要があります。これらを機能させるためには、情報を管理するためのサーバーを用意する必要があります。また単なる印刷では偽造されるリスクが高い状態であり、より高いセキュリティが求められるカードを作る場合にはヒートローラーユニットを使ってホログラムシートをカードに高温で転写することも出来ます。

効率がいいコンクリートポンプ車情報サイトを活用しましょう。

なお、プリンターだけを使って作られるのはカードのみであり、情報入力にはパソコンを使うのが一般的です。

プリンターにはパソコンで使うためのアプリケーションが用意されており、すぐに印刷をすることが可能で台紙となるカードがあればその場でさまざまなカードを作ることが可能です。


単純なカード発行だけであればアプリケーションを導入するだけで可能ですが、発行したカードの情報を管理するためにはカード運用システムを導入する必要があります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11121861441
http://jp.reuters.com/article/tokyo-stock-idJPKCN0WR063
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377433838